【iPhoneアプリ】TapDefenseを8年ぶりにインストールしたらiOS9でも現役だった

スポンサーリンク
タップディフェンス画像

 

このアプリ知ってる人いたらうれしいです。当時iPhone3Gがソフトバンクモバイルから発売されて、わくわくしながら手に取ったのを覚えています。最初はiPhoneのことなど何も分からずに「話題になってるから機種変更しとくか」でiPhone3Gを購入しました。こんなに日本中で使われるデバイスになるとは思わなかったですね。当時は簡易的なゲームアプリが多く、数独とかピンボールなんかが人気があった気がします。そんな中このゲームを会社の上司とどちらが早くクリアできるかを競って熱中していました。

 

TapDefense(タップディフェンス)とは?

 

2008年にリリースされ、タワーディフェンス系のiPhoneアプリの元祖と言っていいんじゃないでしょうか。迫りくるモンスターを設置した武器で倒して、たまったゴールドで武器を強化していく今では定番なシステムです。シンプルでも奥深く作られています。ゲームモードは最初から大量のゴールドが貯まった状態から始められたり、ライフが1しかない状態からの上級者設定など5つのシチュエーション、マップは6つ、敵レベルは3種類あり、この3つを選んで組み合わせゲームスタートです。

 

なにがおもしろいのか?

 

完全に自己満足です。1WAVEごとに手持ちの残りゴールドに対して10%〜30%くらいのゴールドが加算されるので、いかに少ない費用で(手持ち資金を残した状態で)武器を設置して敵を倒し手持ちのゴールドを増やしていくかと、武器の種類と効果の組み合わせでいろんな守り方が試せるので、飽きがあまりこないです。例えば射程距離が広いボーガンや魔法、敵の動きを遅くするアイス、敵の体力を%単位でけずるストームなどです。それぞれゴールドを使ってレベルアップし効果を強化できます。

 

やったことない人はぜひお試しを


昔のゲームってインストールできなくなってたり、できてもOSの関係で起動できなかったりするんですよね。でもこのTapDefenseはiOS9.3.1でも大丈夫でした。ちょっとびっくりです。2008年のゲームなのでグラフィックは古いですし、目新しい機能も当然ないんですが、8年ぶりにやっても普通に楽しいです。3時間ほどムダにしました・・。最近ロマンシングサガ2もiPhoneアプリでリリースされていたので懐かしさから即買いしてしまいましたが、あれってスーパーファミコン版1993年の発売なんですね!やっぱり古くてもいいものはいいですよね。ちなみにTapDefenseは日本語対応していませんが、英語ができなくてもなんとなくで大丈夫です。僕も英語は小学生レベルですから・・・。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です